2006年12月30日

消えない色

大人になって汚れていって
社会の色にそまっていた
そんな自分に色はあるのか?
自分で自分に問う

いつも答えは決まらない
人の色をみて自分の色を探した
今の自分の色はただ色を重ねただけのどす黒い色
個性も何もかもが他の色に潰されている
そのなかできずいたんだ
他の色に負けないように自分の色を磨くこと
誰にも負けないで光り続ける自分の色
誰が見ても自分だときずく唯一無二に輝く色


PS
与助からの依頼

チョット短いかな
posted by インベーダー at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 依頼品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

独りの時計

君がいなくなって何日目かな
君が僕にくれたもの両手じゃ足りないよ
僕が君にあげたもの自分じゃわからないな
君の役に立ったかな

今じゃ遅いかな君にあげたいこの言葉
「そばにいてくれ」
もっといい言葉があったよね
だけど「愛してる」なんて恥ずかしくていえないよ
もういない君には何を言っても無駄かな
もし君を取り戻せるなら僕の時間を君にあげるよ
君がいない独りの時間は僕にとって意味がない
君と行きたかった場所
君が行きたがっていた場所
君にあげる時間は僕にとって意味がある
もう二度と戻れないとわかっていても
君に想いをはせるよこの空の下で
いっそ独りの時間を捨てて自由になろうか
叶うことなら君が欲しい
叶わぬなら君といた時間を忘れさせて欲しいよ

posted by インベーダー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

点をつなぐ

君とあゆむは僕らの道
僕に足りない心を君がおぎない
君に足りない心は僕がおぎなう
さぁ点をつなごう
繋ぎ方で形が変わる
無限に広がる未来には君と僕との心のDOT
繋ぎあおう繋いでいけば道になる
君と僕との心のDOT
どちらが欠けても道にはならない
僕には君の心
君には僕の心
迷いはしないよ絶対に永久に続くこの道も
僕は君の道標になるよ
君は僕の道標になってよ
さぁ点をつなごう
繋ぎ方で形が変わる
無限に広がる未来には君と僕との心のDOT
繋ぎあおう繋いでいけば道になる
君と僕との心のDOT
どちらが欠けても道にはならない
僕には君の心
君には僕の心
posted by インベーダー at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタクロース

雪も降らないクリスマス
見慣れた道に見慣れた風景
いつもと変わらないのに
毎回今日だけはなにかありそうで胸騒ぎがする
今年は君がいるし期待も積もる
いつもなら何でもないようなことに今年は時間がかかる
君になにを渡そう
カバン?クツ?服?かなり無理して指輪とか
いろいろ考えたけどカバンにしたよ
君に似合いそうな赤いカバン
君からのプレゼントはなんだろう僕はまるでサンタクロースを待つ子供みたい

だけどきっと喜べない
君のプレゼントには。
なんで? 君に聞かれたら恥ずかしいけどこう言うよ
「どんな物よりも君が大事」
こんなこといったら
笑うよね?
正直すぎる気持ちは滑稽で
どんな物より崩れやすい
クリスマスのせいだよきっと一生分のはずかしめを受けた
だからこれからは君に素直な気持ちをぶつけるよもう恥ずかしいことなんてない



PS
多分いろいろおかしいけどしかたないよだってねむいんだもな
posted by インベーダー at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココロの自分

聞こえているか?
耳をふさぐなよ 目は閉じてもいいから

つらいかもしれない
苦しいはずだ
君のことは誰よりも知ってるからね
我慢しているのも
堪えきれないのも
全部知ってる
寂しいかい?
もうそんなに寂しくないだろ?
僕はいつでもいるんだから
我慢出来ずに叫びたくなったら 僕にいいなよ
恥ずかしいなら変わりに叫んでやるよ
堪えきれずに涙を流すなら一緒にないてあげるから
これからもよろしく
ずっと一緒なんだから
posted by インベーダー at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いやになる

僕は何なんだ?
人と自分を比べては優越感に浸り
自分の幸せを感じた
幸せなんて千差万別なのに
満足してた

僕は何なんだ?
人と自分を比べては悔し涙を流した
人の幸せをねたみ
人の不幸を願った
幸せなんて千差万別なのに

そんな自分を人と比べては怒りに震えた
幸せなんて千差万別人に人の幸せがある
一番幸せなのは誰?


PS
最近本当に嫌なことがあった、
今日体育の時間に与助に「おれも森山直太朗得意なんで今度覚えてうたってやるよ」と言われた
やっと少し歌に自信が持てたのに出る杭はうつ主義かい?
悔しいよ
posted by インベーダー at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

ずっと独りだった僕にも
最近友達が出来たよ
無口で気まぐれだけど

側に来ては甘えてくる
可愛い奴だ
君はいつも黙って話を聞いてくれる
たまには相槌が欲しいけど
贅沢は言えないな話を聞いてくれればそれでいい
たまにふらっといなくなって心配させるけど
君はそんな心配を気にも止めない
いつしか僕もなれてきた
だけどそんなあるひ
君は何日経っても帰ってこない
嫌な胸騒ぎがする
決心して久し振りに外に出た
忘れてた
外はこんなにも寒い季節だったのか
嫌な予感が強く胸を握る
何かに押される用に走り出した
不安で不安で立ち止まれなかった

長い時間外にいた、なのに外の景色よりも君が僕の心に写る
疲れ果てて家路についたドアを閉めた瞬間
忘れていた涙がポロポロ床に落ちた



PS
バッとエンドは嫌いです
posted by インベーダー at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

暇潰しです

お前がいつも眩しかった
一緒にいたかったなのに叶わない

そんな俺を変えようと馬鹿でノータリンな俺だけど細胞一つ一つで考えた
だけどやっぱりわからない
だから開き直って
お前に聞いてみた
すると聞こえた
きずかなかった SOS
「お前も苦しんでいたのか?」
急に悩んでいた自分に嫌気がさした

想えば いつもいつでも
独りよがりで
お前のSOSに気がつかなかった
お前はズルイないつもオレの涙をあふれさせる
俺はお前に何も出来なかった
でも
これからは違う
俺でありたい

posted by インベーダー at 00:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

君へ 気持ちを届けたい
君へ 言葉を届けたい
とどけよ とどけよ
近くて遠い距離
君へ 気持ちを届けたいのに
君へ 言葉を届けたいのに
自分の感情を自分の言霊を
自分で作った檻に閉じ込めないでよ
[届くはずない]自分で作った檻に閉じ込めて
中にあるはずなのに
手が届かない
[ひらけよ ひらけよ]
中で永久に響くこの叫び
やっと開いた
君へ 届けるこの気持ち
君へ 届けるこの言葉
檻の中からでて来た
自分の感情も言霊も
君のために 君のために
君のためだから
檻から出せた


PS
なかなかいい出来です、あくまで俺目線だけど、俺に作曲が出来たら。
posted by インベーダー at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 作詞活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。